スーパーファイターピンボール

ウィツが考える将来を見据えた研修プログラムで魅力的なキャリアステップを歩む。

新人研修

社(she)内・社(she)外のマナーや自己管(guan)理など、社(she)会(hui)人の基礎となるビジネスマナーや一般教(jiao)養、業(ye)務に必要なプログラミングの基礎から実際にソフトウェアの開発までの開発技術など、しっかりと学んでいきます。

新人研修で学ぶ内容

① 10% ビジネス基(ji)礎(Business foundation) 会社概要(会社方針、部門目標、労務全般)ビジネスマナー、
セキュリティ研修・・・ ② 60% システム開発研修(System training) システムエンジニアになるための技術研修 ③ 20% OJT研修(xiu)(On-the-Job Training) 実践で応用的な技術習得 ④ 10% 自己管理(Self management) 目標(biao)の設(she)定、計画、実践(jian)、分析、報告

新人研修から配属までの流れ

1週間

ビジネスマナー

仕事というものがみなさんの生活(huo)の中に入ってきます。ビジネスの場では、心(xin)構え、求(qiu)められる行(xing)動などが、学(xue)生のときとは違(wei)うことを意識することがあると思います。この研(yan)修(xiu)を通して、ビジネスパーソンとして必(bi)要なマナーを身(shen)につけていただきます。 

.

システム開発研修

①システムエンジニア向けIT基礎

IT技術者に共(gong)通する基本的な知識の習得を目標とします。コンピュータの仕(shi)組(zu)み、ネットワーク・サーバの仕(shi)組(zu)み、データベース概(gai)論(lun)など

②プログラミング基礎礎

Javaプログラム開(kai)発(fa)に必要な技(ji)術を習得します。開(kai)発(fa)手順(shun)、変(bian)数、配(pei)列、メソッド、制御用(yong)構文、オブジェクト指向プログラミングなど

③Webアプリケーション構築

JAVAによるWebアプリケーションプログラミングを学習します。JSP・Servletの理解とコーディングからデータベース連携まで統合的(de)なWebアプリケーションスキルを身(shen)に付けていただきます。

④システム開発プロジェクト演習

研(yan)修の仕上(shang)げとして、開発を擬(ni)似的に再現し実(shi)践(jian)的に体得(de)します。顧客役講(jiang)師(shi)からヒアリングを行い、システム要(yao)件定義(yi)→スケジュール作成→画面設計→コーディング→テスト→レビューまでをチーム単位(wei)で体験いただきます。

配属 OJT研修

配属グループにてマンツーマンでのOJT研修
実際(ji)の業務を行います。

キャリアマップ

PG、SE、PL、PMを大枠としたキャリアマップをもとに、目(mu)指したいエンジニア像(xiang)や実現したいビジョンを上(shang)司(si)や先輩(bei)と共有します。「リーダーやマネージャーを目(mu)指したい」という希望(wang)はもちろん「モジュールに特化して開発したい」「得(de)意(yi)分野(ye)を磨きたい」「幅広い案件を担当したい」など具体的な希望(wang)があれば、どんどん発信してほしいと思います。あなたをサポートする上(shang)司(si)や先輩(bei)がその実現のために必要(yao)なステップやクリア条(tiao)件を明確にし、単年度の目(mu)標管理(li)へと繋(xi)げます。またPL、PM以外(wai)にも、営業職、管理(li)職、ITスペシャリストなど、様々な道(dao)を目(mu)指すことができます。

XX案件 プロジェクト体制 例

  • プロジェクト
    マネージャー

    PM(Aさん)

  • プロジェクト
    リーダー

    PL(Bさん)

    PL(Cさん)

  • システム
    エンジニア

    SE
    (Dさん)

     
     

    SE
    (Eさん)

    SE
    (Fさん)

  • プログラマー

    PG
    (Gさん)

    PG
    (Hさん)

    PG
    (Lさん)

    PG
    (Mさん)

    PG
    (Iさん)

    PG
    (Jさん)

    PG
    (Nさん)

    PG
    (Oさん)

    PG
    (Kさん)

    PG
    (Pさん)

    PG
    (Qさん)

みなさん PLやPMを目指しましょう

ウィツの評価制度

 評価(jia)制度は、絶(jue)対(dui)のものではなく、常(chang)に現状(zhuang)と照らし合わせながらより良いものを作っていくという考え方で成り立(li)っています。そのため経営者(zhe)または社員の多(duo)数から改(gai)訂の要請があり、社内で妥当と判断されれば評価(jia)基(ji)準を改(gai)訂することができます。また、多(duo)くの人の目で評価(jia)することにより公平な評価(jia)ができるという考え方で、現在の評価(jia)制度が成り立(li)っています。

① 個人年間目標の決定(1月)

 各(ge)自の具体的な評価は、まず自己年間目(mu)標(biao)を作成し、上長(chang)と話し合い年間目(mu)標(biao)の決(jue)定(ding)。

② 上期 半期評価(7月)

1月から6月の上期評価 自己評価→上長評価→部門長評価→本部長評価→社長評価
自己評価を基に上長と面談し良いところ。改善したほうが良いところ。等々一人ひとりと話し合いを行い再評価を行います。
その結果を上位の部署にエスカレーションし、最終的には会社全体で調整を行います。
この評価結果をもとに夏期賞与が決定されます。

③ 下期 年間評価(12月)

7月から12月の下期評価 自己評価→上長評価→部門長評価→本部長評価→社長評価
自己評価を基に上長と面談し良いところ。改善したほうが良いところ。等々一人ひとりと話し合いを行い再評価を行います。
その結果を上位の部署にエスカレーションし、最終的には会社全体で調整を行います。
この評(ping)価(jia)結果をもとに冬期賞与が決定されます。

④ 昇給・昇格(翌年度4月)

前年評(ping)価結果(上期(qi)下期(qi)の評(ping)価点)を基に昇給、昇格が決(jue)定されます。

  • 1月

    ①目標

  • 2月

     

  • 3月

     

  • 4月

     

  • 5月

     

  • 6月

     

  • 7月

    ②評価

  • 8月

     

  • 9月

     

  • 10月

     

  • 11月

     

  • 12月

    ③評価

  • 1月

     

  • 2月

     

  • 3月

     

  • 4月

    ④昇給昇格(ge)

  • 等級

    肩書

  • 1級

    新人Newcomer

  • 2級

     

  • 3級

     

  • 4級


    クラス
    Leader Class

  • 5級

    係(xi)長Section Head

  • 6級

    課長Section Chief

  • 7級

    部長Manager

  • 8級

    本部長(chang)General Manager