スーパーファイターピンボール

ソフトウェア開発の流(liu)れ

開発はどのような流れで進められるのか?どんな業務を行っていくのか?
それぞれのフェーズにはどんなメンバーが関わりながら仕事をしていくのか?
このページではソフトウェア開発の流(liu)れをご紹介します。

それぞれの役割

営業

セールス

開発案件の掘起し。顧客(新規開拓顧客、継続取引顧客)が現在の業務や新規業務をどのように展開しようとしているのか? それには、運用中のシステムの改善で対応可能か? 新システムを開発する必要があるか?などについて情報を収集します。

具体的なニーズのヒアリング。システム化対象業務の内容、システムへの要求事項、顧客の同業他社のシステム化動向、運用開始時期、開発予算、開発組織などを確認します。

システムの企画、提案(概算見積)顧客の課題を解決するシステム企画案(システム化方式、開発概算費用、開発期間、開発体制等々)、費用対効果等を提案します。この提案を数回繰り返すことにより、お客様の疑問、不安を解消しながら、提案および見積の内容を固めていくと同時にお客様との信頼関係を築きます。

見(jian)積(ji)、契約 詳細見(jian)積(ji)(開発(fa)費用、開発(fa)期(qi)間、品質目標、納期(qi)等(deng)々)を提(ti)示し、顧客の承諾を得ることができれば受注(zhu)となり、契約書を取り交(jiao)わします。

システム部

プロジェクトマネージャー

開発(fa)プロジェクトの取(qu)りまとめを行(xing)う役割であり、プロジェクトが成(cheng)功するか失敗(bai)するかもPMの手腕次第と言(yan)っても過言(yan)ではないくらい、超(chao)重要な存在です。そのためプロジェクトの遂行(xing)にまつわるさまざまな決裁権を託されています。PMの仕事(shi)はシステムの構築ではなく、プロジェクトやメンバーの”マネージメント”が主になります。納期の取(qu)り決めなど、顧客折衝という部分(fen)でお客様(yang)との調整を行(xing)うところから、随時(shi)発(fa)生するトラブル対応の指揮やSE・PGの工程管理(li)、メンバーの様(yang)子にも目を配りながら全体の士気を高めるようなことまで、その仕事(shi)は多(duo)岐にわたります。

プロジェクトリーダー

開発プロジェクトが小規(gui)模(mo)の場(chang)合は立てないことも多くあります。中規(gui)模(mo)~大規(gui)模(mo)プロジェクトとなり、メンバーが増えてPMが全体に目(mu)を配ることが難しくなってくると、PLを立ててしっかりと管(guan)理ができる体制(zhi)を整えていきます。PMの補(bu)佐(zuo)のような役目(mu)ではありますが、内向きな管(guan)理になることが多い傾向があります。例えばSEやPGが工程(cheng)を厳守するあまり、プログラムの品質が落(luo)ちていないかをチェックしたり、チーム内の各グループ間でしっかりと情報伝達が行われているかなど、より細かいところに目(mu)を向けながら、プロジェクトを動かしていきます。システム仕様についてもしっかりと理解しながら、メンバーの管(guan)理もしていかなければなりませんので、コミュニケーション力(li)の低いSEにはちょっと荷が重(zhong)い役割となります。

システムエンジニア

プロジェクトチームの中ではメンバーという扱いになり、開発メンバーの一員として担当作業が割り振られます。そしてPMが作成した工程(cheng)(cheng)表(biao)に沿って、自(zi)分の担当業務(wu)をこなしていきます。主な作業は担当のお客様と打ち合わせしていく中で、要件の確(que)定や仕(shi)(shi)様の検討など、主に上流工程(cheng)(cheng)の仕(shi)(shi)事をしていきます。ただし”SE兼PG”として、SEがPGの役割を同時にこなしていくこともよくあります。プロジェクトを成功させるためにはPMの存在が重要だと先に述べましたが、SEも「言われたことだけ、与えられたことだけをやればいい」という受け身(shen)の精神ではなく、能動(dong)的に動(dong)くことが求められます。プロジェクトとはチーム一丸となって成功させるものなのです。SEだとしても工程(cheng)(cheng)と品質に対(dui)する意識(shi)は高くしながら、仕(shi)(shi)事をしていかなければなりません。

プログラマー

SEの手足となって、SEが用(yong)意(yi)した仕様書をもとにプログラミング・単体テストをするのが主な作業となります。ただし近年ではPGが担当する工程を人(ren)件費の安い海外諸(zhu)国に発注するオフショア開発も盛んになっています。

POINT!ソフトウェア開発の
おもしろさはココ!

要望以(yi)上のものを提案できる ソフトウェア開発では、最初にお客(ke)様(yang)からの要望(wang)をいただき、それに沿って作(zuo)業を進(jin)めますが突(tu)き詰めていく中(zhong)でさらにいい解決策が生(sheng)まれることがあります。お客(ke)様(yang)のオーダーに応(ying)えるだけでなく、それ以上(shang)のものをご提案(an)できることが喜びになります。

幅広く多彩(cai)な仕事がある ソフトウェア開発といっても、プログラミング前の設計作(zuo)業(ye)や、プログラミング後の検証作(zuo)業(ye)など様々な工程があります。また予(yu)算取りやお客(ke)様にヒアリングをして業(ye)務(wu)フローを分(fen)析しストラテジーを立てるなど広範な仕事(shi)があり、飽(bao)きることがありません。

将来はクリエイティブに専心 これからのソフトウェア開発は、生産性を上げるツールやパッケージ、AIを活用して自動的に開発していく時代になっていくと考(kao)えられます。システムエンジニアは、人間にしかできないクリエイティブな業務に専(zhuan)心していくことで、より時間を効率(lv)化すべきと考(kao)えています。