スーパーファイターピンボール

社員インタビュー人(ren)と仕事を知る

img01 img01

グローバルなビジネス環境で
多くの刺激を受けながら
成長していくことができる

東(dong)京本社(she) システム開発部 Y.I 青山学院大学 法学部 法学科卒
2016年入社

将来性あるIT分野のしごとに携わる

就活で志望先を決めるにあたって次の3つのポイントを定めました。
一つめが「グローバルな領(ling)域で仕事(shi)をしたい」ということ。二(er)つめが「AIに代表されるIT技術を経験したい」ということ。3つめが「フラットな人間関(guan)係(xi)の中で仕事(shi)をしたい」ということです。大学では海外(wai)のM&A事(shi)例研究に携(xie)わっていたので多国籍企(qi)業で働きたいという思(si)いが募る一方、国内市場ではITに関(guan)わる需(xu)要が高まる傾(qing)向にあったため、将来性のあるIT業界に可能性を感(gan)じていました。ただ、プログラミング等に関(guan)しては未(wei)経験だったので、業務に携(xie)わりながらIT分野(ye)の学習を行うことができる環境を求め、ウィツを選択(ze)しました。

img02
img03

年齢、性別に関係なくチャンスがある

ウィツでは年(nian)齢や性別、役(yi)職に関係(xi)なく率直(zhi)に意見を言うことができます。また、適正な能力とやる気さえあれば、若くてもリーダーやサブリーダーの権限が与えられるため、成長(chang)するチャンスが多い職場だと思います。今は、オフショア製造案件の業務に携わっています。中(zhong)国(guo)・大連にあるウィツの営業拠点が製造先になり、現地視(shi)察のため海外出張も数回行っています。中(zhong)国(guo)との文化の違いを感じながら、同(tong)時に業務に対する姿勢や技(ji)術力の高さなど優れた点をどんどん吸(xi)収しながら仕(shi)事を進めています。海外と接しながら、様(yang)々な刺激を受けながら仕(shi)事ができるのもウィツの魅力の一(yi)つです。

img04

理系・文系に関わらず目指せる仕事

教育制度が充実しているため、学(xue)(xue)部に関(guan)(guan)係なくシステムエンジニアの業務(wu)にはスムーズに順(shun)応(ying)(ying)できます。私(si)も法学(xue)(xue)部出身ですが、入社後3ヵ月(yue)間(jian)は外部研修(xiu)教育で情報処理の基(ji)礎知識(shi)から学(xue)(xue)ぶことができたので業界知識(shi)や専門(men)技術(shu)の理解に役立ちましたし、その後3ヵ月(yue)間(jian)のOJT期間(jian)では、先輩社員のもとで実際の業務(wu)を経験できました。IT業界の仕事は、プログラミングに代表される技術(shu)系の業務(wu)ばかりではなく、要件定義(yi)や戦略分析など幅広(guang)い領(ling)域の仕事があります。卒業校の専攻分野に関(guan)(guan)わらず、気軽に会(hui)社説明会(hui)へ参加してほしいと思(si)います。今後はさらにグローバルな案件が増えていきますので、英語(yu)や中国語(yu)が得意な方もぜひチャレンジしてください。応(ying)(ying)募(mu)をお待ちしています。

interview_01 interview_02 interview_03 interview_04